リンクについて


当サイトはリンクフリーです。リンクについては特にご連絡は不要ですが、ご連絡いただけるととても嬉しいです。

当サイトの概要は次の通りです。参考にしていただけると幸いです。
[タイトル]英語の学校探し料金や時間のことで悩んだら!もう一つの英語学習の定番
[タイトル(短いタイプ)]学校選びで止まらない!英語学習は気軽に始める
[URL]http://eipa.komoweb.com/ba/
[紹介文]今度こそと英語のやり直しを決意しても、学校探しで英語学習と待ってないですか?確かに学校選びは重要です。選ぶ学校によってその成果も違ってくるでしょう。でもね。悩んでる時間がもったいないから、もっと手軽にできる英語の学習方法を試してみましょう。100万人が利用した聞き流すだけの自宅でできる英語学習。実は、学校との相性もぴったり。

関連分野のサイト様と相互リンクを募集しております。ご希望の方は、当サイトへリンクしていただいた後に、メールに(1)貴サイト名、(2)貴サイトURL、(3)貴サイトの紹介、(4)当サイトへのリンクを掲載いただいたページのURL--を記載してご連絡をお願いします。なお、場合によってはお断りさせていただく場合もございます。また、返信は相互リンクに応じる場合のみご連絡させていただきますので、あしからずご了承いただけますようお願いします。

リンク集1



***


ハロウィーン
ハロウィーンは、近頃は日本でもだんだんお馴染みの行事になってきました。お店のディスプレイなどで、かぼちゃのお化けでもうおなじみですね。でも、少し前まではあまり知られていなかったハロウィーン。どんな由来で、どんなことをするのか?ちゃんと知ってる人は少ないかも。

第4巻の文化の違い
アメリカと日本、やっぱり違うなぁというのを改めて感じるのでした。例えばハグ。日本ではちょっと考えられないです。仕事に対する考え方は昔に比べると、かなり今の考え方はアメリカっぽくなってきたのかなとも思いつつ、差はあいかわらず感じるのでした。余暇の使い方も思い切っててすごいですよね。そうなりたいものです。

決済の違い
アメリカだと、とにかくクレジットカードが便利です。でも、日本とは違い、JCBはそれほどのようです。あまり知名度が高くないので、本当はつかえるのに拒否されることもあるんだとか。使い勝手からすると、VISAやマスターが無難のようです。両替の手間も省けますしカード利用が便利です。

引っ越したらパーティー
新しい家や、アパートに引っ越したら、アメリカではパーティーを開くそうです。「ハウスウォーミング・パーティー」と呼ばれます。日本でも新築の家のお披露目をすることがありますが、それに近いのでしょうね。新しい近所の人や友人を招いてのパーディーです。

学校の休み
アメリカと日本では学校の長期休みにも違いが。例えば、アメリカの学校には日本のように長い春休みはないようです。逆に夏休みが3ヶ月もあったりするようです。知らないと戸惑いますね。それにしても3ヶ月も休んだら、そのあともとに戻るのも大変そうですね。

学校だけじゃない英語の学習・学校とも相性OK
学校・教室を利用した英会話には、性格的な向き・不向きも多少あります。

話すのが好き、初めての人でも話しかけるのに抵抗がない人などは、すごく楽しそうです。

逆に照れ屋さんの場合は、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんね。

もちろん学校・教室によっても雰囲気が違いますので、相性がぴったりなら、充実した勉強ができることでしょう。

でももし、なかなか学校に馴染めずに悩んでるなら、スピードラーニングも試してみては?

また、お気に入りの学校が見つかった人も、学校以外の日の英語学習にスピードラーニングが便利。 スピードラーニングで英語漬け環境を作って、少しでも早く英語をモノにしましょう。 英語学校の仲間や先生を、英語上達の速さでビックリさせるのも面白いかも。

【スピードラーニング】
↑ クリック ↑
暗記に頼らず、気軽に英語上達
市区名()
しくめい
人口
位置づけ
備考

おすすめ英語教材 第1位

【スピードラーニング】
聞き流すだけの気軽な英語学習。勉強らしくなく暗記にも頼らない、忙しい人にも、勉強嫌いにも喜ばれてる英語学習。100万人が利用し、石川遼選手も愛用してたことで話題になってます。
聞き流す英語には日本語での意味も流れるので、始めた当初から退屈しないです。内容的にも、つい聞きたくなる、意外な習慣や、よくあるシーン、トラブル対応などなど。楽しみながら習慣と英語を学べます。

おすすめ英語教材 第2位

アルク【ヒアリングマラソン】
昔から有名な英語教材の一つです。
アルクの英語教材って、いろいろ種類も豊富で自分の習熟度や目的などに合わせて選べる設定になってます。
でもね。 意外にどれにすればいいのか?簡単すぎないか?難しすぎないか? 逆に迷ってしまうかも。

おすすめ英語教材 第3位

ユーキャン【ピンズラー英語】
有名な英語教材の一つ。 いろいろ講座が豊富でしかも実績のあるユーキャンの講座の一つなので安心感もありますね。
このピンズラー英語は毎日課題を克服していく設定になってました。 「なるほど!」な学習方法とは思いますが、スピードラーニングと比べると、個人的には少し面倒な感じが・・・。
注意すべきはモチベーションが下がったとき。 やる気が低下したとき途中で途切れる心配もあるかなぁ・・・。

おすすめ英語教材 第4位

【エブリデイイングリッシュ(EE)】
セインカミュさんでお馴染みの近頃話題の英語教材です。すごく売れてるそうです。
聞き流すという学習方法は、スピードラーニングと似てます。 でももちろん違いもあります。EEの特徴は、はやいスピードのあとにナチュラルスピードが流れるという「2段階のスピード」。 はやいスピードで耳を活性化させるんだそうです。
でもね。英語が はやく聞こえるのは、ホントに「はやい」からというより、英語の音に慣れてないから「はやく」感じるだけなんですよね。 実際スピードラーニングで英語の音に慣れると、「こんなにゆっくりしゃべってたの!」と驚く事があります。 ですので、慣れてない音を スピードアップして聞くより、ナチュラルなスピードのまま聞き流したほうが、早く慣れるんじゃないかな?と私は思うのでした。


リンクについて

| ハマる英語学習英単語パズル

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ用の連絡先

Copyright © 2007-2019 英語の学校探し料金や時間のことで悩んだら!もう一つの英語学習の定番. All rights reserved