ムリはない?続けられる?英語の学校

英語・英会話の学校(教室・スクール)選び、料金やスケジュールにムリや不安はないですか?

たとえ評判がいい学校でも、十分な勉強時間が確保できないと、思うように力は伸びないでしょう。

学校選びは重要です。 いろいろ考えるべき事があります。例えば、
・ 自分に合うのはマンツーマン?それとも集団教育?
・ 教師はネイティブがいい?それとも日本人?
・ 週何回通う?
・ 料金は?
・ 通う手段や時間・交通費は?
・ ホントに継続して時間確保できる?  ・・・などなど。
英語学習を始める前の大事なプラン。 少なくても実力がつくまでは続けられるムリのないプランにしないと、途中で挫折して、時間とお金をムダにしかねません

勢いだけで学校を選んだ人が失敗してから、無くした時間とお金を本気で悔しがってます。 注意したいですね。

実は英語の学習、学校にこだわることない?

英会話や英語の習得、実は学校だけが方法ではないです。 学校に通わなくても、十分な英語力をつけてる人はたくさんいます

「忙しくて通う時間が確保できない」「学校や教室では、料金が高すぎて続けられない」という人でも英語をメキメキ上達させてる人はたくさんいます。

例えばね。 あのゴルフで大活躍の若手プロゴルファー・石川遼選手。 忙しいはずの彼の英語の上達法は、聞き流すだけの英語教材です。

通訳ナシでの英語の記者会見や、外国選手や海外のキャディーさんとのコミュニケーションなど、英語を使いこなしてる石川遼選手だから、その英語学習方法が注目されてます。


人気プロゴルファー・石川遼選手も実はスピードラーニングの愛用者でした。
本業のゴルフで結果を出し続けながら、英語も上達している石川遼選手。
忙しい遼選手の英語学習の方法は スピードラーニング だったんですね。
* * * * * * * * * * * * * * *

アメリカの休日
日曜日は日本もアメリカも共通ですが、それ以外の休日については、日本と、アメリカかなり違います。当たり前のことですが、日常的なことって実際に直面すると違和感ありまくりですね。日本で言うゴールデンウィークとか、年末の休暇のとり方とか、当たり前でも驚く違いです。クリスマスの違いも要注意ですね。

和製英語
英語のつもりで英語じゃなかった。そんな和製英語に注意ですね。英語だと思ってたものが、日本でしか通じないヘンテコリンな英語だったりします。でもね。注意してても身に染み付いているものはどうしても出てしまいます。出たところで失敗して、そして覚えるというのが、もしかしたら宿命かも。

第6巻のフレンドシップ
フレンドシップというタイトルとはウラハラに、恋愛ストーリーだったのが予想を裏切りました。でも面白かったです。ドタバタではじまり、最悪の展開かと思いきや・・・。これまでの巻とは違った感じで、ストーリーに引き込まれた感じです。たまには、こういう英語の聞き流しもいいですね。

第3巻のオフィスでの英会話
第3巻にはオフィスでの英会話が収録されてました。日常業務では上司とのやりとりや、新入社員とのやりとりなどチョットした表現の仕方も、普段の自分と比べてみても面白いのでした。受付でのやりとりも普段良く使いそうですし、面接のことろでは、アメリカってこんななのかぁと思うほどに考え方にギャップを感じたのでした。

アメリカのテレビ事情
アメリカのテレビ事情は日本とは違いかなりのチャンネルがあるそうです。とはいえ、日本でもBSやCSなども含めるとかなり見られるようになりましたが。ただたくさんチャンネルがあっても、見たい番組がなければ意味がないですね。またテレビ漬けになっては困ります。テレビとの上手な付き合い方も大事ですね。

海外旅行で大事なものを無くしたら
海外旅行で、パスポートなど大事なものを無くしたら、そうとうパニックになると思います。でも、そういう場面を一度でも見聞きしていれば、それだけで冷静な対応がスムーズにできると思います。スピードラーニングにはそんな場面もありましたので、そのシーンを思い出すことが冷静な対応につながる気がします。

トラブルは知ってるだけでかなり冷静になれる
スピードラーニングには、いろいろなトラブルに遭遇した場面での会話ややり取りがあります。そういう場面って結構ひきつけられて聞いてしまいます。で、実際そういう場面にあったときも、スピードラーニングの会話を思い出せば、パニックにならずに対処できそうな感じがします。

第7巻の日本を説明する
アメリカ人に日本を説明するってけっこう難しそう。日本語でもうまく説明できる自信がないですね。流れてくる会話では上手に説明してます。ときには、ちょっとツッコミたくなる部分もありますが。それにしても「ごはん」を「gohan」とそのまま発音してたのには最初驚きました。対応する単語がたいときはそのまま発音すればいいのか!とちょっと変なところに感動したのでした。

第4巻の文化の違い
アメリカと日本、やっぱり違うなぁというのを改めて感じるのでした。例えばハグ。日本ではちょっと考えられないです。仕事に対する考え方は昔に比べると、かなり今の考え方はアメリカっぽくなってきたのかなとも思いつつ、差はあいかわらず感じるのでした。余暇の使い方も思い切っててすごいですよね。そうなりたいものです。

学校の休み
アメリカと日本では学校の長期休みにも違いが。例えば、アメリカの学校には日本のように長い春休みはないようです。逆に夏休みが3ヶ月もあったりするようです。知らないと戸惑いますね。それにしても3ヶ月も休んだら、そのあともとに戻るのも大変そうですね。

学校だけじゃない英語の学習・学校とも相性OK
学校・教室を利用した英会話には、性格的な向き・不向きも多少あります。

話すのが好き、初めての人でも話しかけるのに抵抗がない人などは、すごく楽しそうです。

逆に照れ屋さんの場合は、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんね。

もちろん学校・教室によっても雰囲気が違いますので、相性がぴったりなら、充実した勉強ができることでしょう。

でももし、なかなか学校に馴染めずに悩んでるなら、スピードラーニングも試してみては?

また、お気に入りの学校が見つかった人も、学校以外の日の英語学習にスピードラーニングが便利。 スピードラーニングで英語漬け環境を作って、少しでも早く英語をモノにしましょう。 英語学校の仲間や先生を、英語上達の速さでビックリさせるのも面白いかも。

【スピードラーニング】
↑ クリック ↑
暗記に頼らず、気軽に英語上達

おすすめ英語教材 第1位

【スピードラーニング】
聞き流すだけの気軽な英語学習。勉強らしくなく暗記にも頼らない、忙しい人にも、勉強嫌いにも喜ばれてる英語学習。100万人が利用し、石川遼選手も愛用してたことで話題になってます。
聞き流す英語には日本語での意味も流れるので、始めた当初から退屈しないです。内容的にも、つい聞きたくなる、意外な習慣や、よくあるシーン、トラブル対応などなど。楽しみながら習慣と英語を学べます。

おすすめ英語教材 第2位

アルク【ヒアリングマラソン】
昔から有名な英語教材の一つです。
アルクの英語教材って、いろいろ種類も豊富で自分の習熟度や目的などに合わせて選べる設定になってます。
でもね。 意外にどれにすればいいのか?簡単すぎないか?難しすぎないか? 逆に迷ってしまうかも。

おすすめ英語教材 第3位

ユーキャン【ピンズラー英語】
有名な英語教材の一つ。 いろいろ講座が豊富でしかも実績のあるユーキャンの講座の一つなので安心感もありますね。
このピンズラー英語は毎日課題を克服していく設定になってました。 「なるほど!」な学習方法とは思いますが、スピードラーニングと比べると、個人的には少し面倒な感じが・・・。
注意すべきはモチベーションが下がったとき。 やる気が低下したとき途中で途切れる心配もあるかなぁ・・・。

おすすめ英語教材 第4位

【エブリデイイングリッシュ(EE)】
セインカミュさんでお馴染みの近頃話題の英語教材です。すごく売れてるそうです。
聞き流すという学習方法は、スピードラーニングと似てます。 でももちろん違いもあります。EEの特徴は、はやいスピードのあとにナチュラルスピードが流れるという「2段階のスピード」。 はやいスピードで耳を活性化させるんだそうです。
でもね。英語がはやく聞こえるのは、ホントに「はやい」からというより、英語の音に慣れてないから「はやく」感じるだけなんですよね。 実際スピードラーニングで英語の音に慣れると、「こんなにゆっくりしゃべってたの!」と驚く事があります。 ですので、慣れてない音をはやくして聞くより、ナチュラルなスピードのまま聞き流したほうが、早く慣れるんじゃないかな?と私は思うのでした。


英語と英会話

特集レポ

リンクについて

| ハマる英語学習英単語パズル

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ用の連絡先

Copyright © 2007-2011 英語の学校探し料金や時間のことで悩んだら!もう一つの英語学習の定番. All rights reserved