英語の知識、このままではただ忘れてしまう

全ての日本人が学校で英語を学びます。でも、英語を使いこなしている人は少数派です。多くの人は、学生時代努力と時間をかけて覚えた英語の知識を、時とともに失っています。

本当は英語こそ、学生時代に学んだ教科の中で一番、実用的なものにすることができるのですが。残念なことです。

英語・英会話が必要な場面が

とはいえ、英語が重要になっていく中、「残念」なんていってられない人も増えていますね。

経済活動がグローバルに発展し、仕事で突然英語が必要になる場面が増えています。

海外出張や海外転勤が今では地方においても珍しいことではありません。 また、海外に行かなくても社内のミーティングが英語になったり、ビデオ会議を使った海外との会議の導入、・・・。英語を使うシーンは確実に増えています。他人事ではありません。

英語は簡単に習得できる!そのための方法

英語は実は簡単に習得することができます。やり方さえ間違わなければ、誰にでも英語は身につきます。

英語は言葉です。 英語圏に生まれた赤ちゃんなら必ず身につける英語です。 英語を習得できない理由が「大人になったから」だけというのは考えにくいと思いませんか?

努力しても英語を習得できていないとすれば、それには原因があります。 その原因を取り除けば、必ず英語は身につくはずです。


気になる記事ピックアップ

海外旅行での失敗をバネに
海外旅行で思うように自分の英語が通じずに、ショックを受ける人は多いです。予想以上に早口で・・・。でも、このショック実はチャンスでもあります。ショックや恥ずかしさが覚めやらぬうちに、それをモチベーションに真の英語力を身につける人も案外多いのです。海外旅行での失敗をそのまま苦い思い出にするか、糧とするかはあなたしだいですね。

チップの習慣
海外での習慣のひとつにチップがあります。日本ではチップを渡す事がないので、戸惑う習慣の一つです。ある程度事前に相場とか、渡すタイミングを学んでおく事が大事です。そして、けっこう最初はけっこうドキドキしたりもします。慣れるとなんてことはないんですが。

英語と年齢
英語を始めるのに年齢は関係ありません。何歳からでも英語は始められますし、実際そういう人は多いです。例えば聞き流すだけの英語教材スピードラーニングは多くの年代から支持されており10代~80代まで利用されているそうです。いつからでも遅すぎるということはないですね。

自由の女神
アメリカ、とくにニューヨークといえば自由の女神像をまっさきにイメージする人は多いです。アメリカの象徴であるだけに、ニューヨークにいったら立ち寄りたい観光スポットです。でもニューヨークには他にも見どころが多すぎて、どこに行くのか迷ってしまいそうです。

技術職の英語
一昔前なら英語と無縁と考えられていた技術職。今では非常に英語とのつながりが深くなっています。いろいろなマニュアルが英語の場合も少なくないですし、仕事上ネットで英語の情報を収集することもあります。また、生産活動のグローバル化で海外との連携が珍しくないです。突然海外出張・転勤ということも珍しくありません。他人事ではないですよ。

学校の成績と英語力
学生時代に英語の成績は良かったのに、実際には英語を使えない人が結構多いです。英語の勉強や努力たくさんしたはずなのに、使える英語になっていないのはとても残念なことですね。理由はおそらく「聞く」力でしょう。英語の学習はもっと「聞く」に力を入れたほうがいいと思います。

救急車が有料
日本では救急車は呼んでもお金がかかるという話を聞いた事がないです。ところが、アメリカは事情が違います。救急車が有料です。ですので、救急車を呼ぶかどうかは、保険に入っているか?お金がかかっても大丈夫かの確認が行われたりするようです。苦しい時にそんなチェックって大変だと思うのですが、しかたないのでしょうね。

慣れない発音
英語には日本人に慣れない音がたくさんあります。この慣れない音が英語を聞くことや話すことの大きな壁となっています。でも、慣れない音なら慣れればいいんです。難しく考えずに、何度も聞いて、耳や脳で音に慣れていけば英語は聞き取れるようになります。

英語の習得で「聞く」の重要性
英語の習得で「聞く」力は非常に重要です。聞き取りできない発音はしゃべることもできないです。逆に「聞く」力が高まると、発音やイントネーションの微妙な違いが分かるようになり、自然に英語の発音がきれいになっていきます。意外かもしれませんが「聞く」力が英語習得のポイントかもしれませんね。

幼児英語・小学校英語の影響
小学校英語が本格的なスタートは2011年。子供の教育で英語が熱いです。近頃は子供用の英語教材も充実しており、赤ちゃんや幼児期から英語を始める家庭も少なくありません。若い世代がどんどん英語を身につけるということは、上の年代の私たちもウカウカできないですね。

英語は誰でもできる
英語は誰でもできます。その証拠に英語圏の国や地域では、子供だって算数ができない人だって英語を話します。英語ができない理由が「大人になってから学習を始めたから」だけというのは考えにくいと思いませんか?もし努力しても英語ができないというのでしたら、方法を見直す必要があります。

テレビのチャンネル
アメリカではテレビのチャンネルがものすごく多いんだとか。日本に来てチャンネルが少ないとアメリカからきた人が言ってました。日本でも衛星放送などをいれるとかなりチャンネルは増えてきてますが。アメリカ人は日本人以上にテレビ好きということなんでしょうか。

石川遼選手と英語
石川遼選手は人気若手プロゴルファーの一人です。17歳という若さですでに海外挑戦し、マスターズに出場した石川遼選手。英語での記者会見も通訳なしでジョーク交じりの余裕の対応。そんな石川遼選手はスピードラーニングを愛用。ゴルフと英語の両立の陰にはスピードラーニングがあったんですね。

英語習得の自然な流れ
言葉を習得するときにもっとも自然な流れは、「聞く」→「話す」→「読む」→「書く」の順に覚えることです。日本人が日本語を覚えたのも、英語のネイティブが英語を覚えたのもこの順です。そして最初のステップの「聞く」は意外に重要なポイントです。

こっそり英会話
こっそり英会話を始める人が多いです。英会話の学習開始を言わないのは失敗したときに恥ずかしいというのもありますが、英会話を始めたこと自体への照れもあるようです。ですので、意外な人が実は英会話の勉強をしている、又は過去にしていたということがあります。ウカウカできないですね。

これが、 【スピードラーニング】
↑↑ クリック ↑↑
英語学習スタート
言葉は「聞く」「話す」「読む」「書く」の順の習得がもっとも自然。

英語には日本人に慣れない音が多いです。 でも、慣れない音なら慣れるだけ。

【聞き流す】だけなら、学習のストレスも少なく、スキマ時間や急な空き時間も有効利用できます。すごく理にかなった方法です。

忙しい人勉強嫌い、英語苦手、こっそり英語を身につけたい人、スクールで失敗した人、などにも喜ばれています。

人気の若手プロゴルファー・石川遼選手も愛用。 高いレベルでのゴルフと英語の両立を支えるのは、スピードラーニングでした。


↑↑ クリック ↑↑
英語学習スタート

英語と英会話

リンクについて

祭り情報でいろんな祭りを知る。 日帰り旅行と節約旅行を楽しむでドライブ旅行のコツいろいろ。 喜ばれるオンリーワンギフトで変わったギフトを知る。 資格と仕事の関係で仕事に役立つ資格を見つける。
| 英語と英会話英単語ビルダー

お問い合わせ

ご意見・お問合せ等はこちら

高額バイト
Copyright © 2007-2012 英語・英会話やり直し. All rights reserved