10月5日の挑戦 ←前へ (現在の問題) 次へ→ 10月7日の挑戦

次のばらばらのアルファベットから8つの英単語(縦に4つ、横に4つ)を組立てましょう! どんな英単語が見えてきますか?

[a][d][e][e][e][h][i][i][l][l][o][o][s][t][t][v]


↑(アルファベットのカット&ペーストでご利用どうぞ。)



































ng
be





























8つの英単語!分かったでしょうか?

ヒントが欲しいですか? 8つの英単語のうち、1つだけ日本語訳を紹介しましょう。これです。

「〜を失う、負ける」



難しい? じゃ、特別もう一つヒントをどうぞ! これです。

「日付」



まだ難しい? これが最後のヒントですよ。 2つ言っちゃいましょう。どうぞ。

「〜を信じる、信じる」

「駅」



≪英単語にちなんで紹介コーナー≫
・・英単語パズルの息抜きに・・

退屈しない英単語の学習のヒント! 家の中、街を歩いて、・・普段、目に入る物や光景を、どれだけ【英語で表現】できますか?
目に入った物の英単語をイメージするのが癖になりそうです。

絵で見る単語帳、面白いですよ^^
【ピクチャーディクショナリー】といいます。 (※スピードラーニングで有名なエスプリラインの商品です)

ピクチャーディクショナリー

【ピクチャーディクショナリー】
公式サイトはコチラ(クリック)



英単語の完成形はこうだ!

  1. doll (【doll】) → 人形
  2. station (st【atio】n) → 駅
  3. these (【thes】e) → これらの
  4. receive (rec【eive】) → 〜を受け取る
  5. date (【date】) → 日付
  6. nothing (n【othi】ng) → 何も〜ない
  7. believe (be【liev】e) → 〜を信じる、信じる
  8. lose (【lose】) → 〜を失う、負ける


































ng
be





























英語ひとくち情報集

幼児の英語
小さいころから英語を習わせる家庭が増えています。その背景には、幼児用の英語教材が充実してきたことも大きいでしょう。つまり、親は英語ができなくても、幼児英語教材を利用すれば、家にいながら子供に英語を学ばせることができます。便利になりましたね。しかも教材では子供たちが英語に夢中になる工夫も盛りだくさんで、相性がよければ、簡単に英語が身につくようですよ。

ハワイと英会話
ハワイに行くのにわざわざ英語を覚える必要はないかもしれません。それでも、最低限のフレーズは準備しておくと安心でしょう。そして、より多くのことばが使えれば、その分楽しみも増えていきます。せっかくのハワイだから、たっぷり満喫する事をイメージして英語を学べば、英語の覚えも早いかもしれませんね。

情報と英語
世界中の情報が英語に集まりやすい状況です。英語圏以外の情報でも英語には訳されることが多いです。なので英語が分かれば情報力は相当アップするでしょう。そういう意味で英語を身につけることは、直接外国人と話す機会がない人にとってもすごく重要です。

オーストラリアに行くとき
オーストラリアといえば英語。オーストラリアに行くなら英語は準備したいです。オーストラリアにもここにしかない観光スポットがたっぷりです。南半球と言うことで、日本とは既設が反転するという面白い状況が楽しめます。時差はそれほどないので、体調へのストレスもアメリカやヨーロッパなどに比べると少ないのが嬉しいです。

間違いやすいスペル
間違いやすいスペルがあります。発音しないのについてたり、読みとスペルが一致しなかったり。がんばって覚える分、一度覚えれば案外忘れにくいのですが。あとスペルに気をとられると、正しい発音を覚えることの支障になったりして、ヒアリングに慣れるのを遅らせることも。ヒアリングについては、スペルとは切り離して考えたほうがいいかも。

TOPpageプライバシーポリシー管理人紹介とリンクについて英語・英会話習得
Copyright © 2007-2016 英単語ビルダー. All rights reserved

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)