10月30日の挑戦 ←前へ (現在の問題) 次へ→ 11月1日の挑戦

次のばらばらのアルファベットから8つの英単語(縦に4つ、横に4つ)を組立てましょう! どんな英単語が見えてきますか?

[d][d][e][e][e][e][e][e][i][n][n][p][r][s][v][v]


↑(アルファベットのカット&ペーストでご利用どうぞ。)



































ing





























8つの英単語!分かったでしょうか?

ヒントが欲しいですか? 8つの英単語のうち、1つだけ日本語訳を紹介しましょう。これです。

「(数字の)11」



難しい? じゃ、特別もう一つヒントをどうぞ! これです。

「〜を発送する」



まだ難しい? これが最後のヒントですよ。 2つ言っちゃいましょう。どうぞ。

「〜を受け取る」

「深い」



≪英単語にちなんで紹介コーナー≫
・・英単語パズルの息抜きに・・

退屈しない英単語の学習のヒント! 家の中、街を歩いて、・・普段、目に入る物や光景を、どれだけ【英語で表現】できますか?
目に入った物の英単語をイメージするのが癖になりそうです。

絵で見る単語帳、面白いですよ^^
【ピクチャーディクショナリー】といいます。 (※スピードラーニングで有名なエスプリラインの商品です)

ピクチャーディクショナリー

【ピクチャーディクショナリー】
公式サイトはコチラ(クリック)



英単語の完成形はこうだ!

  1. dress (【dres】s) → 〜に服を着せる、服を着る、ドレス
  2. receive (rec【eive】) → 〜を受け取る
  3. eleven (el【even】) → (数字の)11
  4. spend (s【pend】) → 〜(金額)を使う、〜を過ごす
  5. deep (【deep】) → 深い
  6. driver (d【rive】r) → 運転手
  7. evening (【even】ing) → 夕方
  8. send (【send】) → 〜を発送する


































ing





























英語ひとくち情報集

オーストラリアに行くとき
オーストラリアといえば英語。オーストラリアに行くなら英語は準備したいです。オーストラリアにもここにしかない観光スポットがたっぷりです。南半球と言うことで、日本とは既設が反転するという面白い状況が楽しめます。時差はそれほどないので、体調へのストレスもアメリカやヨーロッパなどに比べると少ないのが嬉しいです。

英会話習得方法いろいろ
英会話の習得を目指そうとしたとき、あなたならどんな方法を思いつきますか?無料ということを考えれば、ラジオやテレビの英会話講座などでしょうか?もしくは二ヶ国語放送でしょうか?独学ではちょっと・・という人は、英会話教室でしょうね。独学と教室の中間的なところでは、家でできる英語教材もすごく人気です。

間違いやすいスペル
間違いやすいスペルがあります。発音しないのについてたり、読みとスペルが一致しなかったり。がんばって覚える分、一度覚えれば案外忘れにくいのですが。あとスペルに気をとられると、正しい発音を覚えることの支障になったりして、ヒアリングに慣れるのを遅らせることも。ヒアリングについては、スペルとは切り離して考えたほうがいいかも。

英単語を絵で覚える
英単語の数を増やすことは英語習得で大切なことの一つですが、苦労する人も多いです。最初のうちは順調でも、数が増えてくると紛らわしくなってきたり。英単語を直感的に覚える方法として、イラスト入りの英単語学習教材があることは知っていますか?試してみると新鮮な感動があり、覚えにくかった単語もイメージで覚えられるので、行き詰ってきたら、気分をかえるという意味でもいいかもしれません。

パーティー
アメリカ人ってパーティーが好きなようです。実にいろいろなパーティーがあります。フォーマルなものから、カジュアルなものまで。もしアメリカに住むなら、このパーティーに関するマナーなどは、しっかり身につけておくことが大事でしょう。まずは、そういう相談ができる友人探しからでしょうかね。

TOPpageプライバシーポリシー管理人紹介とリンクについて英語・英会話習得
Copyright © 2007-2016 英単語ビルダー. All rights reserved

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)